<hama's Home Page 作者の戯言ブログ版>

作者の戯言が完全ブログになって新登場!
ロドスタ?自転車?バイク?写真?カメラ?中国?パソコン?iPhone?携帯?PDA?何でもありのカテゴリー!
何にでも手を出す無節操さが管理人らしいと評判です。(^^ゞ

光の画き出すもの

木の葉 英語で写真の事を「Photograph」と言いますが、元々Photographと言う単語は無く、1842年にジョン・ハーシェルと言う人が、ラテン語で光を表す「Photo」と、画くと言う意味の「graph」から作った、造語なのだそうです。

日本の「写真」は絵画とは違って見たままに近い物が写るため、「真を写す」と言う漢語使って作られたそうですが、「光によって画かれた物」という語源から考えると、「写真」よりも「Photograph」の直訳である「光画」の方が合っているような気がします。

先日行った例の緑のトンネルで、芽吹いて間もない小さな枝に、木漏れ日が当たってそこだけ輝いているのを見ました。ほんの小さな枝でも、光が当たるだけで輝いて見える。真を写すのではなく、光が画く・・・。「Photograph」ってこういう意味だったんだなぁと思いました。
カメラ > 雑記 | comments (59) | trackbacks (0)

菖蒲

菖蒲 部屋を掃除していたら、昔取った写真が出てきたのでその中から1枚。上海勤務の時に、工場敷地内の植え込みに咲いていた菖蒲(アヤメ)です。「いずれがアヤメかカキツバタ」とあるように、「ホントにアヤメか?」と言われると、ちょいと自信ありません。(^^ゞ

確か、仕事で工場内の写真を撮るためにカメラを持ってきていて、昼休みに外を見たら綺麗に菖蒲が咲いていたので、そのままレンズを交換し、フィルムを詰め替えて1本撮りきった記憶があります。
続きを読む>>
カメラ > 雑記 | comments (4) | trackbacks (0)

コニカミノルタまでも・・・

昨日、嬉しいニュースを書いたばかりなのに、今度は良くないニュース。以前京セラがカメラ事業から撤退してしまったけど、今度はコニカミノルタがカメラ及びフォト事業から撤退と言うニュースが発表された。昨年デジタル一眼レフをソニーと共同開発という発表があって、デジタル全盛な今、旧来のカメラ技術だけでは難しいんだなと思っていた矢先の撤退発表、非常に残念であります。

現在のデジタル一眼レフのαシリーズは、開発資産とともにソニーへ譲渡され、今夏に新機種を発表予定と、ブランドは変われど継続する事が決まっていますが、このカメラ&フォト事業からの撤退で、完全に無くなってしまうのが旧コニカの製造していたフィルムや印画紙など。肌色の再現が好ましく、管理人がフィルム時代に好んで使っていたコニカのフィルムが無くなってしまうのは寂しい限りです。
続きを読む>>
カメラ > 雑記 | comments (6) | trackbacks (0)

アナログな物の行く末

Nikonからフィルムカメラ製品のラインアップ見直しについてという発表がなされた。急速に縮小しているフィルムカメラのラインナップを縮小し、今後さらに拡大が見込めるデジタルカメラ市場に経営資源を集約すると言う内容だ。

このラインナップ見直しにより、フィルムカメラで生産が継続されるのは「F6」と「FM10」のみとなり、国内カメラメーカで(一眼レフ用として)唯一現行販売されていたマニュアルフォーカスレンズも、一部を除いて生産が終了する事となった。
続きを読む>>
カメラ > 雑記 | comments (10) | trackbacks (0)

スナップ

二人管理人はスナップが苦手。人物写真は好きだけど、特定のジャンルしか撮影してこなかったので、何というか「感覚」みたいな物が違う方向に行ってしまったみたい。

人物が入っていないスナップだったらそれなりに撮る事もあるけど、知らない人にカメラを向ける度胸がないってのもあって、人物の入ったスナップはあまり撮ってない。

ホントは中国に居る間に色々なスナップを撮りたいなとは思ってるんだけど、さすがに一眼レフを町中で出してると奇異の目で見られますからね・・・。何かいい方法は無いもんでしょうか?

そんなこんなでまた過去写真です。昨年の正月に知り合いと蘇州へ遊びに行ったときの写真。最高気温が零下という寒空の下、木立から差し込む朝の光が綺麗でした。あ、当然写ってる二人は知人です。(^^ゞ
カメラ > 雑記 | comments (7) | trackbacks (0)
1/3 >>