<hama's Home Page 作者の戯言ブログ版>

作者の戯言が完全ブログになって新登場!
ロドスタ?自転車?バイク?写真?カメラ?中国?パソコン?iPhone?携帯?PDA?何でもありのカテゴリー!
何にでも手を出す無節操さが管理人らしいと評判です。(^^ゞ

改装中

改装中 管理人のアパートは、階下がスーパーになっている。とは言っても、直接スーパーに入れる訳もなく、一旦出口から出てまた入る形になるのだけど、便利なのは変わりない。

そんな階下スーパーが、リニューアルのために改装中。日本だったら、売り場毎に閉鎖して改装したりするけど、こちらはほとんどそのままの状態で改装するから凄い。

客の居る中で壁は剥がすし、材料は運ぶし、極めつけは覆いも何も無しで天井ダクトの溶接を始める始末。まぁ、見て分かると思うんですが、思いっきり溶接火花が飛び散ってる脇で、みんな平気で買い物中。う〜む・・・中国人の感覚って・・・。(-_-;)

おかげで、今このスーパーで売ってる商品は埃まみれ。袋物とかは表面に字が書けるような状態。まぁ、中身には問題無いんだけどねぇ。(-"-;)
中国 > 長安 | comments (7) | trackbacks (0)

Twilight

Twilight 地平線に太陽が沈み、昼から夜へと変わるその一瞬、空は茜色から紫色へのグラデーションに包まれます。さざ波からの眩しい反射に慣れた目に、消え入る茜色が少しばかり寂しい感じを与えます。

香港の街並みに夜の灯がともるのももうそろそろ、昼の香港から夜の香港へと変わるこの時間帯、香港島と九龍半島を結ぶスターフェリーの乗り場も、帰宅の足を速める人や、夜の香港へ繰り出す人たちで賑わっています。

九龍半島と香港島は車や地下鉄でも行き来出来るのですが、当然トンネルからはこういう景色は見られません。便利なのもいいけど、慌ただしい1日が終わるこの時間こそ、スターフェリーで景色を眺めつつ、約10分のひとときを過ごす方がいいかなと思います。
カメラ > GR DIGITAL | comments (10) | trackbacks (0)

夕暮れに佇むPart2

しぶ〜い!! 香港九龍半島にあるスターフェリー乗り場付近は、ビクトリア湾越しに香港島を望む観光名所。「100万ドルの夜景」を楽しめる場所でもありますが、大体どの時間に行っても観光客でごった返しています。

最近は大陸からの観光客が増えているのか、このあたりでもぎゃーぎゃーうるさい中国人団体客が、他の観光客の迷惑顧みず、記念写真を撮っている光景に、よく出くわします。

そんな中でも、やはり欧米系の人たちはどこか落ち着いていて、うるさい中国人を尻目に一人手摺に腰掛けて夕日を見ていたりします。この男性も、後ろで写真を撮っていた管理人に気が付きもしないような雰囲気で、一人佇んでいました。

普段、香港へ行くのは日帰りがほとんどですから、なかなかこういった光景は見れないんですが、たまにはゆっくり夕日を眺めつつ、香港の街並みに夜の灯がともるのを待つのもいいかな・・・なんて思います。
カメラ > GR DIGITAL | comments (10) | trackbacks (0)

3分間?クッキング

ほうれん草ベーコン炒め 中国に住んでると、結構色んな物が手に入りづらい。まぁ、シンセンとか広州みたいな大都会まで足をのばせばそんなことも無いんだけど、ここ長安鎮では売ってない物が結構ある。

売っていない物の大半は、無くてもさほど困らない物なんだけど、今まで売っていなかった物が手に入るようになると、無性に嬉しかったり。昨日も改装中の階下スーパーへ行ったら、食品売り場がリニューアルしてて、今まで売って無かったベーコンを発見!!

ベーコンがあると、簡単な料理が作れて便利なんです。そんな訳で、久々に自炊して「ほうれん草ベーコン炒め」を作ってみました。いつも日本料理で食べてはいるけど、自宅で作ったのは久しぶり。ご飯とインスタントのわかめスープで昨日の晩ご飯はこんな感じ。たまには自炊もいいなぁ。
中国 > 長安 | comments (12) | trackbacks (0)

デジタル写真の弄り方

最近めっきりフィルムで撮影しなくなった。手元にある銀塩カメラがF4Sだけで、重いしでかいし、気軽に持ち出せないってのもあるんだけど、デジタルは非常にお手軽なので、どうしても銀塩比率が落ちてくる。特に、GR DIGITALを買ってからは、鞄にいつも入っているから、こいつで撮影することが凄く多い。

GR DIGITALのレンズは良くできていて、周辺減光なんてほとんどない。銀塩GRは多少なりとも周辺減光が有りましたし、ほどよく周辺が落ちた写真は、中央付近の被写体に注意が行くので、写真として味があると思うんですが、最近のデジタルカメラは周辺まできっちり写る物が多いですよね。
続きを読む>>
カメラ > うんちく | comments (6) | trackbacks (0)
1/3 >>