<hama's Home Page 作者の戯言ブログ版>

作者の戯言が完全ブログになって新登場!
ロドスタ?自転車?バイク?写真?カメラ?中国?パソコン?iPhone?携帯?PDA?何でもありのカテゴリー!
何にでも手を出す無節操さが管理人らしいと評判です。(^^ゞ

画像処理サーキット編

某所で「管理人のおかげで画像処理の幅が広がった」と言う話が有りましたので、調子に乗ってロドスタ関連で使える画像処理って無いかな〜と考えてみたりしました。

写真を撮る時には色々制約が有って、もうちょっとこうだったらいいのにな〜とか思う時が多々有りますが、そんな時に役立つのが画像処理。撮った後から手を加えて好みに近づけられます。

邪道だ!っちゅう方もいらっしゃいますが、撮影でお金もらってる訳でも無いし、自分か被写体が気に入る写真が出きればい〜じゃん、ってな感じ?で、今回は「サーキットで速いんだぞっ!」的な写真を作って見ます。
続きを読む>>
ロードスター | comments (2) | trackbacks (0)

デジタル写真の弄り方

最近めっきりフィルムで撮影しなくなった。手元にある銀塩カメラがF4Sだけで、重いしでかいし、気軽に持ち出せないってのもあるんだけど、デジタルは非常にお手軽なので、どうしても銀塩比率が落ちてくる。特に、GR DIGITALを買ってからは、鞄にいつも入っているから、こいつで撮影することが凄く多い。

GR DIGITALのレンズは良くできていて、周辺減光なんてほとんどない。銀塩GRは多少なりとも周辺減光が有りましたし、ほどよく周辺が落ちた写真は、中央付近の被写体に注意が行くので、写真として味があると思うんですが、最近のデジタルカメラは周辺まできっちり写る物が多いですよね。
続きを読む>>
カメラ > うんちく | comments (6) | trackbacks (0)

標準レンズのススメ

正月は暇だったので、結構あちこちのブログを覗いてみた。まぁ、半分以上はカメラ関係の情報収集が目的だったんだけど、色々な写真関係のブログを見てるうちに、ある事に気が付いた。それは・・・
続きを読む>>
カメラ > うんちく | comments (6) | trackbacks (0)

撮像素子のサイズその2

撮像素子のサイズという記事に対してコメントがついた。乱立してる感のあるデジタル1眼の撮像素子、CanonのEOS 20Dの撮像素子はAPS-Cサイズなのか?というのがコメントの内容なんだけど、ちょいと長くなりそうなので新規記事にしてみた。

さて、問題の撮像素子のサイズだけど、フィルムでは最も普及していたのが35mm(ライカサイズ)1種類であり、各メーカーも同じフィルムを使う以上、必然的に決まったサイズになっていたため問題にならなかった画面サイズ、デジタルになって撮像素子のサイズを自由に変えられる事と、元々認知度の高くない上に、各種サイズがあるAPSを比較対照としているために、かなりややこしくなってます。

APSに関しては管理人もあまり知識無かったのですが、この際なのでちょいと調べてみました。まずは判然としないAPSのフィルムサイズですが、ハイビジョンサイズのAPS-H、標準サイズのAPS-C、パノラマのAPS-Pとあり
続きを読む>>
カメラ > うんちく | comments (3) | trackbacks (0)

パープルフリンジと色収差

Nikon CaptureがVer4.3にバージョンアップした。今回の変更はD50への対応と「色収差補正機能」と「赤目補正機能」が追加になったと言う物。早速ダウンロードして使用しているユーザがいるようで、某掲示板にて新機能の「色収差補正機能」に関して盛り上がっている。

色収差には波長によって光軸上の焦点位置が異なる「軸上色収差」と特に画面周辺部で波長の差が像倍率の違いとなって現れる「倍率色収差」の2つがあるが、Ver4.3で新たに追加された「色収差補正」はこの色収差の内、倍率色収差に関して低減できるという物で、結構優れものらしい。
続きを読む>>
カメラ > うんちく | comments (221) | trackbacks (0)
1/2 >>