講演会用演題

1,ミンダナオの子ども、日本の子ども
生きる力って何だろう


ミンダナオの山岳部のマノボ族など、
極貧の生活にもかかわらずコミュニティーが生きていて
生活力や生きる力に満ちている、子ども本来の姿から
自殺やイジメの多い日本の現状と、解決策を考える。
多くの日本の若者たちが、ミンダナオ子ども図書館で、
生きる力、生きる喜びや意味を体験し
涙ながらに帰って行く事実や姿から、
日本の子供たち、若者たちに
何が欠けていて何が必要か、
それをどのように体現し、復活できるかを、
現地の映像を交えて語ります。



2,平和を作る、子どもたち

40年間、戦争に悩まされ、国連の調べでは、
避難民の累計が世界一といわれているミンダナオ、
そこで、イスラム、先住民、クリスチャンの子どもたちが、
宗教や部族の違いを超えて、
愛と友情で力を合わせ、一つの家族として生活し、
子どもたちが中心になり、読み語り、平和の祈り、植林などの
様々な支援ボランティア活動をして
平和を作っていく姿を、映像を通してお伝えします。



3,ミンダナオ子ども図書館を通して、
日本と世界を考える

映像をもとに、ミンダナオ子ども図書館の子どもたちの様子
戦争での避難民救済、山岳地の先住民の様子
読み語り、植林、洪水支援など
ミンダナオ子ども図書館の活動を通して
日本の今を考えます




4,絵本は愛の体験です。

『絵本は愛の体験です』(洋泉社)及び
『わたしの絵本体験』(教文館)を参考
子どもの頃は、何気なく、あたりまえの空気のように聞いていた
読み聞かせ(語り手から見れば読み語り?)
編集者として、再び出会った絵本。
自分の絵本体験を書かないかという、言葉に乗せられて、
体験を深く掘り起こしてみると。以外に深い深層が・・・
かつて編集者時代に行っていた講演ですが、
ミンダナオの子どもたちと出会って、
格段に深くお話の力を感じるようになりました。
本当にお話が生きている社会
そこに生きている子どもたちの力を体験し、
その映像を交えて語ります。




5,昔話と心の自立

拙著『昔話とこころの自立』(教文館)を参考
絵本の編集者として講演を始めた時期
各地の母親から、子どもたちについての悩みを聞くほどに、
日本の若者の現在に心を痛め
何か指針になるものはないか思いを巡らし至ったのが
昔話の中に現代の子どもの状況を
解決に導く手だてがあるのではないかということ。
大学院時代にゲーテを通してユング心理学に関心を持った時期の
知識を生かして書いたのが本書です。
かつて編集者時代に行っていた講演ですが、
ミンダナオの子どもたちと出会って、
格段に深くお話の力を感じるようになりました。
本当にお話が生きている社会
そこに生きている子どもたちの力を体験し、
その映像を交えて語ります。



その他、どのような内容でもご相談にのります
家庭集会なども可能です。







ミンダナオ子ども図書館