MICROMAN TYPE20X


 



スーパー ミクロマン M201シリーズ 1975 release \750
  • M201ロビン
  • M202ロバート
  • M203ロッキー




ケースは通常のカプセルに入った人形が更に紙の外箱に収まった形態で高級感を醸し出している。

右はM202のカラーバリエーション。販売時期による差だが、詳しい切り変わり時期は不明。後の
M222と同じ色である事から、恐らく右の物の方が後からリリースされた物ではないかと推測される。



 

他社のヒット商品である、超合金シリーズの影響か、全身がダイカスト(合金)製となったミクロマン第一弾。ズッシリと重い、まさにスーパーな仕上がりとなっている。5ミリジョイントによるフォーマット化が行われる前に発売されたシリーズで、背中には穴が無い・手首のパーツ形状が短いなど、M101シリーズの1〜3型同様の「初期型」的な特徴を備えている。

早々に廃盤となり、本体は5ミリジョイント穴付に改良され、武器とセットになった
M221シリーズとして再リリースされる。

M202は黄緑色だが、M222と同じメタリックグリーンのカラーも存在する。


 

BACK