MICROMAN TYPE10X

 ミクロマンの第一号アイテムであり、シリーズ後期まで継続販売されたこのタイプは、
当然販売期間も最も長く、ヴァリエーションが多数存在する。


 



ミクロマン
M101シリーズ1型
1974 release \700
  • クリアーミクロマン&スカイランブラーセット
  • イエローミクロマン&ジャイロットセット
  • ブルーミクロマン&ホットローダーセット
  • オレンジミクロマン&ビームトリプラーセット

 

 

記念すべきミクロマンの第一号アイテム。乗り物とセットで販売。ナンバーと名前はついておらず、ボディーカラーで呼ばれていた。極初期にのみ出荷されたこの1型は体内の腕と頭を押さえる部品が板バネ状の金属になっている。


 

1型       ↑2型

2型以降は右の様にゴムパイプで接続されるようになって、コストダウンと耐久性向上がはかられた(んだと思う)。
ミクロマン M101シリーズ2型 1974 release \700

1型と違う点は体内の構造のみ。その他は変更ナシ。販売形態も1型とまったく同じ、メカ同梱のブリスター。



 
それぞれ左が3型。フタの部分はモールドが多い
ベッド部分は赤マルの部分にボディーをホールドするツメがある。
ミクロマン M101シリーズ3型 1974 release \450

2型と同じ人形の、人形のみの単体発売ヴァージョン。新たに製作されたカプセルに入っている。このカプセルは4型以降の物とモールドが異なる初期型だ。

大きなSTマークが特徴的。クリアカバーの顔にかかる部分に
同心円のモールド、胸と足にかかるアーチ状のモールドが
あるのがわかる。ベッド部分は4人とも白い成型色。



トップ部には商品コードが。



これに入っているカタログは他の商品にはたぶん入って無い、独特のもの。


ミクロマン M101シリーズ4型 1975 release \450
  • M101ジョージ
  • M102ジャック
  • M103ジェシー
  • M104ジョン

 

 




カプセルは同心円モールドとアーチ状モールドが削られ、ベッド部分は各々成型色が変えられている。乗り物に接続する為の、L字ジョイントが同梱されるようになった。

他のミクロマンや、メカが発売されたのを期に、シリーズ全体が5ミリ穴のジョイントでフォーマットが統一された。足は裸足から裏に穴の開いた靴に変更。背中にも穴が開いた。手首パーツもタテ長のタイプになっている。そして、このタイプからナンバーと名前が付けられたのだ。また、M103ジェシーのみボディーカラーが若干薄い青に変更された。



 

ミクロマン M101シリーズ5型 1975 release \450
ミクロマン M101シリーズ6型 1976 release \450
ミクロマン M101シリーズ7型 1978 release \450

4型発売後、わりと早い時期に改修されたバージョン。つまさきが数ミリのばされて、案定性が向上した。

背面にJAPANの刻印が彫られたタイプ。同年から、海外版ミクロマンMICRONAUTSがアメリカで発売されているらしいので、それに関係した変更と思われる。

フトモモに2ミリ径の穴があいたタイプ。これによってポリスキーパーの銃などが差せるようになった。意外に販売数は少ない模様。



BACK