1974年。タカラから発売された身長10数センチのアクションフィギュア。それがミクロマンだ。それ以前のSFトイシリーズ、変身サイボーグ・アンドロイドAを経て完成されたその卓越したオリジナリティーと、サイボーグシリーズの弱点でもあった、大きさと価格をクリアしたことによって生じた拡張性とコレション性の高さは当時の子供のハートをガッチリ掴んだのだ。昭和40年代前半生まれのメンバーで構成されるオリエンタルテクノロジーにとってもベストオブフェイバリットアイテムなのである。

シリーズは10年間にわたって続くロングセラーとなり、1984年までのブランド展開終了までに、五百数十種類の商品が発売された。

その後10年余り、新たな展開は無かったが、1996年には玩具メーカー浪漫堂から、当時の金型を整備して利用した復刻版が展開され、再評価熱が高まってくる。

そしてついに、1998年には俗に平成ミクロと言われる『ミクロマン・マグネパワーズ』がアニメ・雑誌等と連動する形で大々的に展開。初めてミクロマンを見る子供には新鮮に、すでに父親世代になったオールドファンには懐かしさを喚起させる、二世代向けコンセプトを掲げ、アニメ終了後も『LEDパワーズ』等のオリジナル展開を行い2年間にわたり好評をはくした。
また、同時にハイターゲット向けのファーストシリーズ復刻版が本家タカラから続々とリリースされる。

そして、21世紀を迎え、海外でも70年代にMEGO社で展開されたMICRONAUTSがパリセイズ社から復刻され、アメコミでのニューシリーズが展開される。

2003年には、タカラがハイターゲットを中心とした可動フィギュアMICROMANシリーズを展開。新たなミクロマンワールドは既存アニメキャラクターやムービーキャラクターとのコラボレーションなどの新機軸を打ち出し、2005年現在も展開を継続している。

当サイトでは、現在70年代のファーストシリーズの人形を中心に紹介を行っている。ほんの一部ではあるが、膨大なミクロマンワールドの魅力を感じ取っていただければ幸いである。








(上)1974年6月25・26日 大手町・都立産業会館にて開催された
『74東京ニュー・トイフェア』と同時開催の『ビッグ6社トイ・フェア』のタカラブースの様子。

これ以前にプライベート発表会等があったか不明だが、ミクロマンの公式の
プレゼンテーションとしてはこの場が史上初ではないかと思われる。

写真は玩具商報1974年8月号の同イベントレポートページから。オイルショックの影響で
省エネが叫ばれていた世の中、オモチャ業界にもその波には無関係ではなく、
製品群のサイズが小さいミクロマンは、そこをセールスポイントの一つとして
アピールされている事がわかる。写真向かって左に写っている人物は、
ミクロマンの生みの親である、開発者・小川岩吉氏。


BACK